新しい音楽を聴かなくなった私へ vol.2

お知らせ&Blog

Suzie and Dustin(Stranger Things3) / Never Ending Story

「ネバー・エンディング・ストーリー」

NETFLIXの人気ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン3の挿入歌です。
ドラマのセリフからアカペラの歌までの音にイラストをつけてみました。

Suzie and Dustin (Stranger Things 3) – Never Ending Story

歌ってる状況は…

このドラマは80年代アメリカの小さな町を舞台に子供たちとその家族が怪物と戦うSFもの。
楽しく歌っているように聞こえますが、ドラマのストーリー的には絶体絶命の場面です。

ピンチを脱するため主人公の男子が遠距離恋愛中の彼女に連絡したところ、
そんな状況を知らない彼女に甘えられて止むを得ずデュエットする、という流れ。
(これが無線を通じてなので音にムラがあります)

めちゃくちゃ緊迫した状況で聞こえる希望の歌
「ネバー・エンディング・ストーリー」。

無線でつながっている大ピンチ中の他の仲間の場所へも響く、
場違いにのんきな歌声が2人の純粋さを際立たせます。

こちらがドラマの場面。

Neverending Story Moment | Stranger Things 3 | Netflix

ツンデレ優等生の彼女(スージー)
歌っているうちについ笑顔になる男子(ダスティン)
一刻を争う状況で「今かよ…」という大人たち
ズトズト聞こえるのは怪物の足音
ちなみに「スージー…」と呟く金髪ボブの女性は
ユマ・サーマンとイーサン・ホークの長女マヤ・ホーク

「よくぞこの場面でこの歌を!」

と感動おさまらず、翌日私はもう一度この場面が見たくてネットの検索ワードに

「Never Ending Story  Stranger Things」

と入力しました。
そこで私が見たものは…

ファルコンを知らない子供たち

出てきたのは

“What song did Dustin and Suzie sing in Stranger Things season 3?”
「ストレンジャーシングス3でダスティンとスージーが歌ってる曲は何?」

というたくさんの同じ内容の質問。

な…なんだってーーー!?

(イメージは「な、なんだってー mmr」で画像検索ください)

この曲を知らない…
そう、当たり前ですが若者はオリジナルを知りません。
この曲がテーマの映画「Never Ending Story」の日本公開は1985年。
オリジナルは前年に『君はTOO SHY』がヒットしたイギリスのバンド、
カジャグーグーのリマールが歌っています。
しかしまっさらな状態で

「カジャ・グーグーのリマール」

「トゥ〜シャ〜イシャ〜ィ」

と聞いたところで、もはや呪文です。

そういえばこのドラマを私より先に見ていた息子が

「お母さん役の人が綺麗なのに演技が激しくて半端ない。上手い」

と言うので見たら「演技の上手いお母さん」は
ウィノナ・ライダーでした。
そりゃ綺麗で演技もうまいでしょうね。
ジョニデの元カノだし。『リアリティ・バイツ』見て!!

でも前回も書きましたが、とにかく

「これっていいよね」

を世代を超えて共有できるのは楽しいです。
(「叫び狂うウィノナ」の真似もやってみると楽しいものです)

ルイ・ヴィトンを始め多くのコラボも出た世界中にファンを持つ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』は現在シーズン4待ち。
完結みたいで残念だけど、楽しみです。

では、最後に元祖リマール師匠の歌声を貼って〆たいと思います。

The Neverending Story • Theme Song • Limahl

1984年に西ドイツ(!)アメリカで制作公開
1985年日本公開

アナログだけど頑張ってる映像は今見ると新鮮
少年を背に乗せて空を飛ぶファルコンは
完全に千と千尋